外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】
外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】 > 羽田空港【外貨両替体験談】 > 羽田空港トラベレックスで外貨両替してみた!【手数料・レートは?】

羽田空港トラベレックスで外貨両替してみた!【手数料・レートは?】

羽田空港で外貨両替してみたよ!
空港内トラベレックスでの手数料・為替レートはどう?
私が両替体験した写真と口コミを公開中です!
羽田トラベレックス

昔は海外旅行に行く時、成田から出発することが多かったので、重い荷物を抱えて電車で成田空港まで向かうのが、少し大変でした。

でも、最近では、羽田空港からの国際線が増えてきて、国際線ターミナルもできたこともあって、これから海外旅行がもっと気軽に行けるようになってきました。

そこで今回は、羽田空港まで実際に行ってみて、外貨両替をしてみようと思います。

ホームページで羽田空港を調べると、第1旅客ターミナルにみずほ銀行と郵便局、トラベレックスジャパン、第2旅客ターミナルにSBJ銀行、合計4箇所の外貨両替所があります。

みずほ銀行と郵便局(ゆうちょ銀行)は、すでに他の支店で外貨両替を体験してきたので、トラベレックスジャパンで両替をすることにしました!

営業時間は9時~19時までで、年中無休で営業しているようです。

羽田空港へのアクセスは、電車やバス、モノレールなど、さまざまな手段がありますが、ゆったりした気分でいけるモノレールを選びました。

まずは、JR山手線の浜松町駅に行き、モノレールに乗り換えます。

【JR山手線の浜松町駅】
JR山手線の浜松町駅

浜松町駅には、いくつかの出口がありますが、「モノレール乗換口」から出れば、迷うことなくモノレールに乗り換えられます。

JR山手線の浜松町駅2 JR山手線の浜松町駅3

トラベレックスジャパンは、羽田第1ターミナルにあるので、切符は羽田空港第1まで購入します。

切符

モノレールの改札に入ります。

【モノレールの改札】
モノレールの改札

平日のお昼ぐらいの時間ですが、ホームは結構、混雑しています。

ホーム1 ホーム2

浜松町駅から羽田空港第1ターミナルまで、所要時間は17分。
のんびり車窓の風景を楽しめるのがモノレールのいいところ♪

・・なんですが、切符代(470円)が他の路線より高いのが、ちょっと不満。。

【車窓の風景】
車窓の風景札

羽田空港に到着しました!

【羽田到着!】
羽田到着!

モノレールの駅は地下1階にあります。

モノレールの駅

トラベレックスジャパンは地上1階にあるので、改札を出たらエスカレーターを目指します。

地下1階フロアの真ん中に、「太陽の塔」と「月の塔」というオブジェがあります。この場所を待ち合わせ場所にする方が多いようです。

太陽の塔 月の塔

エスカレーターで1階に上がってきました。

1階

ユニクロの前を通過し、「出会いの広場・南」方向に進みます。

【ユニクロ前通過】
ユニクロ前通過

フロアの真ん中に、総合案内所があります。ここを通過するとトラベレックスジャパンが見えてくるはずです。

【総合案内所】
総合案内所

総合案内所の隣には、JALの専門ショップ「BLUE SKY」があり、キャラクターグッズなどが販売されています。

BLUE SKY

両替所の看板を見つけました!

両替所の看板

この看板の左に、トラベレックスジャパンがありました。

【トラベレックスジャパン発見】
羽田トラベレックス

店舗の左側には、各通貨の換算レートが電光掲示板で表示されています。

【換算レート】
換算レート

USドルの換算レートは、84.68円となっています。

もちろん、この金額にトラベレックスジャパンの両替手数料がのっています。

換算レート2

窓口を見てみると、お客さんが1人もいないので、さっそく1万円分をUSドルに外貨両替してみることにしました。

窓口のスタッフの方は、非常に丁寧に外貨両替の手順を教えてくれました。

銀行のように、外貨両替計算書を記入する必要はなく、口頭で希望する外貨と金額を伝えればいいとのこと。

金種は自分で選べます。

ですがここで注意が!
1金種の上限が20枚と決められています。1ドルだったら、20枚の両替が限度、ということです。

いくら両替するか... いくら両替するか...2

今日のレートだと、10,000円で119ドルの両替ができますが、店員さんから提案された金額は120ドル。その理由を聞いてみると、120ドルのほうが、より1万円分に近いからということでした。

まあ、119ドルでも120ドルでも、今回は外貨両替の比較なので影響はないや、と思い、120ドルの両替を申し込みました。

金種は50ドル1枚、20ドル2枚、10ドル2枚、1ドル10枚です。

【両替】
両替

その場では、店員さんが気を利かせてこうした対応してくれたんだなと思っていましたが、家に帰って計算してみると、

あれっ…??

84.68円×119ドル=10,076円
84.68円×120ドル=10,162円

ちょっとおぉっ!
119ドルのほうが10,000円に近いじゃん!

・・・単純に、店員さんの勘違いだったようです・・・(笑)。まあいいですけど。

この金額で確定すると、計算書が印字されてきます。

計算書

1ドル84.68円×120ドルなので、支払った金額は10,162円です。

【支払い】
支払い
【明細】
明細

カウンターの横に、オンラインサービスの案内がありました。

オンラインサービスの案内

パソコンであらかじめ外貨両替を申し込んで、金種も選んでおけば、メールで送信されてくる番号を店舗で伝えるだけで、すぐに外貨を受け取れるサービスです。

支払いも、事前にクレジットカードや銀行振り込みで済ませておけるので、時間がない時に外貨両替をする時には便利なサービスだな、と思いました。

トラベレックスでの外貨両替も、たまたま窓口にお客さんがいなかったこともあって、申し込みから外貨の受け取りまで、5分ぐらいで完了しました。

でも、成田空港にあるトラベレックスの窓口なんかは、結構、行列ができていることが多いです(実体験あり)。

羽田から海外に行く人は、少ないのでしょうか?もしくは、羽田から海外に行く人は、銀行やチケットショップなどで両替しているとか・・。

■羽田空港での外貨両替の費用

-換算レート・・・84.68円(USドル1ドル)
-購入額・・・120ドル
-支払い金額・・・10,162円

■羽田空港での外貨両替のメリット、デメリット

メリット

トラベレックスで外貨両替するメリットは、飛行機に乗る直前に外貨両替ができることにつきます。

忙しくて、事前に外貨両替できない方でしたら、空港に着いてすぐ両替すれば、時間の節約になります。また申込書に記入せず口頭でササっと外貨両替できたのもわずらわしさがなくてマル。

羽田空港のトラベレックスに行ったのは、みずほ銀行や大黒屋で外貨両替した日と同じ日で、為替レートは、1ドル82.13円でした。

手数料は1ドルにつき2.55円、みずほ銀行より0.03円安いです。

あと、私もコレを使えば良かったなと思ったのが、 インターネットで事前に両替の申し込み・決済も済ませられるというサービス です。これはかなり便利ですよね!

デメリット

トラベレックスの両替手数料は、銀行の両替手数料よりわずかに安いですが、やっぱり、高いと感じます!

両替手数料が高く設定されているポンドの換算レートも、銀行より安かったですが、10万円分ぐらいトラベレックスで両替したら、手数料は1万円を軽く超えてしまいます。



◆ 外貨両替手数料で損したくないなら!

yjfx1 yjfx2 yjfx3 yjfx4
buttonmane
sikiri

トラックバックURL

http://www.ryogae-real-review.com/tokyo-airport-bldg/hanedaairport.html/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)