外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】

外貨両替で手数料が一番オトクなのは?【銀行・JTB・空港・FX比較】

・場所によって両替手数料に違いがある!

いきなりですが、声を大きく言わせていただきました(笑)。
そうなんですよね、実際外貨両替する場所や手段を選ぶ時は、いろいろな点を考慮すると思います。

忙しい方でしたら、一番手間が掛からない方法がいいでしょうし、初めて海外旅行に行く方でしたら、外貨両替の方法をていねいに説明してくれる場所がいいでしょう。

でも、どんな人にも共通して言えることは、

「お得な外貨両替をして、海外旅行で楽しみを増やしたい!」

ということですよね?

そこで今回は、さまざまな場所での外貨両替の中から、一番お得な外貨両替を検証してみたいと思います!

◆◇ 銀行系での外貨両替 ◇◆

都市銀行系は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行で外貨両替をしましたが、4つの銀行共に、1USドルあたり2.5~2.8円の手数料がかかります。

また、わずかではありますが、銀行間でも手数料の差があります。

わたしは、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行で同じ日、同じレートで外貨両替をしたんですが、結果はこの通りです。

・三菱東京UFJ銀行・・・85.25円
・三井住友銀行・・・85.48円

この2つの銀行の両替手数料の差は、1USドルあたり0.23円あります。

アメリカ旅行に現金を1,000ドル持っていくとしたら、

0.23×1,000=230

となり、三菱東京UFJ銀行で両替したほうが、230円のお得になります。

ちなみに、みずほ銀行は窓口ではなく外貨両替センターを利用したので、窓口の手数料 よりも30銭安くなっていました。

また、同じ銀行でも、ゆうちょ銀行の両替手数料は都市銀行よりも安いと予測していた んですが、こちらも1USドルあたり、約2.8円の手数料がかかります。

USドルはまだ両替手数料が安いほうですが、ユーロになると1ユーロあたり6円ぐらい、 ポンドだと11円以上もかかります。

1,000通貨の両替をするとしたら、ユーロの場合は6,000円、ポンドの場合は11,000円と、 多額の両替手数料になってしまいます。

そして、両替金額が多くなればなるほど、手数料も増えていく。。。

どうしても、銀行で外貨両替をしなくはならない場合は、三菱東京UFJ銀行を選ぶのが いいでしょう。

★銀行で両替するなら三菱東京UFJ銀行、もしくは、みずほ銀行の外貨両替センターが お得!

◆◇ 旅行会社・チケットショップ両替は安い? ◇◆

今回、リアルの外貨両替所で一番期待したのは、旅行会社のJTBです。なぜかというと、

JTBに行く前に外貨の在庫があるか確認の電話をした時、「手数料はかからない」と言われたからです。

しかし、実際は銀行と同じ手数料がかかってしまいました。。

窓口の担当者に聞いてみると、

「銀行のレートをそのまま適用していますので、手数料は乗せていません」

という回答でした。

担当者に知識がなかったのか、JTBが銀行から外貨を仕入れているのか分かりませんが、銀行の交換レートにはすでに手数料が乗っているんですよね。。

チケットショップの大黒屋での外貨両替はどうだったかというと、こちらはさすが金券屋さん、銀行より安いレートで両替してくれました。

大黒屋で外貨両替をした日に、みずほ銀行でも外貨両替したのですが、交換レートを比べてみると、

・大黒屋・・・83.91円
・みずほ銀行・・・84.71円

大黒屋の両替手数料は、1USドルあたり2円ぐらいで、銀行より0.8円も安いです!

1,000ドルの外貨両替をした場合、銀行の両替手数料と800円も違ってきます。この差は大きいですよね!

★銀行で両替するよりも、大黒屋のほうがお得

◆◇ 空港の両替所や外貨宅配サービスは? ◇◆

羽田空港にある外貨両替所「トラベレックス」には、大黒屋とみずほ銀行で外貨両替した日に行きました。

この3つの外貨両替所の同じ日の換算レートを見てみると、

・トラベレックス・・・84.68円 ・大黒屋・・・83.91円 ・みずほ銀行・・・84.71円

う~ん、今までわたしが海外旅行に行く時に利用していた、トラベレックスの両替手数料が銀行とほとんど変わらないなんて。。。

外貨の宅配サービスの手数料は、銀行より1ドルあたり2円ぐらい安いのですが、送料や代引き手数料、銀行振り込み手数料を足すと、逆に、銀行より高くなってしまいます。

高額の外貨両替でしたら、選択肢の1つにはなります。

★空港の外貨両替所の手数料は、銀行とほぼ変わらない。宅配サービスも、高額の外貨両替じゃないと、逆に損になる

◆◇ FXでの外貨両替は? ◇◆

サイバーエージェントのFXサービス「外貨ex」では、外貨両替をする時に発生する手数料が無料になる場合があります。

それは、10,000通貨以上の外貨両替をする場合で、USドルであれば800,000ドル以上の両替ということになります。

この金額以下での両替でしたら、1USドルあたりでの手数料ではなく、1回あたりの手数料が発生します。

その額は、驚きの”30円”という低価格。1,000ドル両替しても、5,000ドル両替しても、手数料はたった30円です。

たとえば、1USドルの換算レートが82円の日に、外貨exで1,000ドル両替した場合、必要な費用は

82円×1,000+30円=82,030円

となります。

(※外貨exで外貨両替する時は、1,000通貨以上の両替をしなくてはなりません)

この金額を他の銀行と比べるために、1,000USドルで換算してみると、

・トラベレックス・・・84,680円(外貨ex比・・・+2,650円)
・大黒屋・・・83,910円(外貨ex比・・・+1,880円)
・みずほ銀行・・・84,710円(外貨ex比・・・+2,680円)
・外貨ex・・・82,030円

FXの外貨exでの外貨両替のお得度は、一目瞭然ですね!これがオーストラリアやポンドになると、10,000円以上もの差になってきます。

10,000ポンドを外貨両替する場合だと、なんと100,000円もお得になります!!

・結論

外貨両替を費用面で比べると、FX会社の外貨両替サービスを利用しないと、大きな損失になってしまいます。

銀行とチケットショップのように、800円程度の差しかでないのなら、手間が掛からない外貨両替を選ぶ方もいるかと思いますが、FX会社との数千円単位の差、通貨によっては数万円単位での差は、メチャクチャ大きいです!!



◆ 外貨両替手数料で損したくないなら!

yjfx1
yjfx2 yjfx3 buttonmane

sikiri

関連記事

  1. 外貨両替どっちがお得?手数料・簡単・便利さは?【空港とFXで比較!】
  2. 外貨両替どっちが手数料お得?私が試してみました!【大黒屋vsFX会社】
  3. [銀行vsFX]外貨両替お得度徹底比較!【手数料・やり方・手軽さは?】
  4. 金額が多い時はどこで両替するのがお得なの?【外貨両替徹底比較】
  5. 外貨両替スピーディにできる方法は?【空港・宅配・銀行・大黒屋比較】
  6. 外貨両替簡単なのは?大黒屋・銀行・JTB【手間いらずなのはどこ?】

トラックバックURL

http://www.ryogae-real-review.com/hikaku/hiyou.html/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】 > 両替方法を比較しておすすめ > 外貨両替で手数料が一番オトクなのは?【銀行・JTB・空港・FX比較】