外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】

SMBC信託銀行プレスティアはリフティングチャージ無料?手数料と評判【FX外貨両替に】

単刀直入に言って、SMBC信託銀行プレスティアは基本的に海外旅行などのために両替したいという方にはあまり関係ないかもしれません。

しかし、まとまった額の米ドル外貨が必要になるという条件の場合、FX両替と合わせて使うことで非常にお得に両替することができます。ほぼ必須レベルと言えます。

具体的には、長期滞在が前提となる海外留学や海外赴任などといったケースで活躍します。該当する方や興味のある方は詳しくご覧ください。

SMBC信託銀行プレスティアとは?

SMBC信託銀行プレスティア(PRESTIA)は、三井住友フィナンシャルグループ傘下の信託銀行(銀行コード0300、SWIFTコードSGTBJPJT)です。2014年から2015年に、アメリカのシティバンクの日本法人のシティバンク銀行の業務を引き継いで現在の形となっています。

いわゆる富裕層向けの銀行という色合いが強いですが、旧シティバンクから外貨関連の取扱い手数料優遇を受け継いでいるため、外貨両替という視点でも注目されています。

SMBC信託銀行プレスティアで実現できること

外貨両替はレート的にはFXを使うのが一番お得です。

FXを使った両替が一番の理由は、現受け取引をすることで、通常3円近い外貨両替の手数料を0.3銭程度(約1,000分の1)まで圧縮できるからです。外貨取引は色々と手数料を抜かれるのですが、プレスティア(当時は旧シティバンク)の外貨関連の手数料優遇を活用したFXを使った両替テクニックが開発されたときには注目度が一気に高まりました。

ただし、現在、FXをつかった外貨両替は数年前に行われたFX業者の条件変更によって、少し条件が厳しくなってしまいました。とはいえ、それでも依然として有力な方法です。

プレスティアは、外貨を受け取る時に発生する手数料を無料化できることに加えて2018年の7月中旬から海外でのATMが無料になるということで、さらに安心して利用できるようになりました。

こんな方におすすめ

外貨両替という視点から考えてみると、FX取引が月間100万通貨を超えると外貨出金手数料が無料になるYJFX!を使って条件をクリアできる人なら、他のどの方法よりもお得なので非常におすすめです。

FX取引月間100万通貨の条件がクリアできない(FXに興味がない、そのようなリスクを取りたくない、など)のであれば、両替する1通貨あたり0.3銭の手数料と出金手数料1,500円で両替することになります。

通常の国内での両替手段と比較すると、最低取引数量の1,000ドル分両替するなら1,500円払っても合計1,503円(1ドル1.5円のレートでの両替に相当)ですから十分お得なのですが、セディナカードなどの短期間の繰り上げ返済ができるクレジットカードの海外キャッシングが非常に有力(セディナカードも海外ATMが無料で利用できます。)なので、もっと大きな金額でないとわざわざ手間をかけて両替するアドバンテージはないかなという感じです。

逆に言えば、多額の外貨が必要になる長期滞在や出張のときには検討する価値は十分にアリです。

メリットについて

  • ・リフティングチャージ無料
  • ・海外ATM手数料が無料

この二つが、外貨両替でSMBC信託銀行プレスティアがほぼ必須と言われているメリットです。

リフティングチャージ無料という条件だけで言えば、新生銀行やソニー銀行なども当てはまりますが、外貨を引き出すときの手数料・コストの問題があります。

デメリットについて

  • ・預入資産が少ないと口座維持手数料がかかる
  • ・1,000ドル以下の両替はお得ではない

前月の月間平均総取引残高が50万円相当額以上、または外貨部分が20万円相当額以上ないと、口座維持手数料が月額2,000円かかります。

学生さんや仕事をはじめたばかりの方には、ハードルが高いといえるかもしれません。

余談ですが、前月の月間平均総取引残高が100万円相当額以上になると国内の提携CD/ATM利用手数料が実質無料になります。

1,000ドル以下の両替がお得ではないというのは、これは現段階でもっともレートがお得なFXの両替が、出金時(FX業者から銀行口座に移すとき)に発生する外貨出金手数料が1,500円程度発生するからです。(FXの取引実績で無料になりますが、損をする可能性があるのがFX取引ですから、それについては含めていません。)

1,500円の手数料が通常の外貨両替とトントンになるのが1,000ドルごろなんです。つまり、海外で1,000ドル程度必要かどうかが一つの目安になります。

FX外貨両替手数料無料のやり方【リフティングチャージ攻略】

126587484

Googleで外貨両替を調べてみると、FXという単語が候補にでてきます。 これはつまり、みんなが調べているから出てくるわけですね。

もう、昔のような知る人ぞ知る裏ワザという感じではなく「知らない人のほうが少ない」という感じ ですね。

ただ、実際にやってみた人たちの多くは、FXを使って外貨両替をして得をするには「ある問題」にぶち当たることになります。

このページでは、外貨両替とFXについての基本から、多くの人がこれによって挫折してしまう「問題」の解決法を伝授します!

基本中の基本「外貨両替とFX」

037

まずは「何故、外貨両替とFXの関係性が強いのか?」という基本中の基本からお話していきます。

ご存知の方からすると「何を今更」とお叱りの声を頂いてしまうかもしれませんが、急がば回れという格言もあることなので、復習の意味も込めて読んで頂ければ幸いですm(__)m

もちろん、初心者の方にとっては非常に重要な情報になるため、必ず読んで基本を抑えていきましょう。

外貨両替

言葉通りで、日本円を外国のお金に換えること、または外国のお金を日本円に換えることを指します。

FX

外国為替証拠金取引のことを指し、外国通貨を売買してその差額で利益を上げる金融商品となります。

つまり、FXは外貨両替を行ってこその金融商品となり、密接な関係にあることが理解できるかと思います。

では、この外貨両替は何処で行ってくれるのか?・・・が気になるところですが、(当サイトの両替体験を見ていただいたらわかるように、)単純に海外旅行などに行くため外国通貨が欲しいとなったときは、銀行だったり、旅行会社だったり、他にも外貨両替所、金券ショップでも行ってくれます。

FXに関しては、基本的には事業登録を行っている外国為替証拠金取引会社や一部の銀行、証券会社などがベースとなっていきます。

さて、ここで用語解説から外貨両替について焦点をもどしてみますと、この両替には大きな問題点がでてきいます。

それが

「手数料が非常に高い」

ということ・・・。

この事実を踏まえて、この手数料について深く説明をしていきます。

外貨両替の手数料が非常に高い理由とFXの両替が安い秘密

021

外貨両替の手数料について実例を挙げながら検証していきましょう。

例えば、 一般的な銀行だと、円からドルに両替をするとき、1ドルに付き2~3円程度の手数料がかかります (都市銀行だと2円、地方銀行だと3円程度というケースが多いようです)

3円の手数料の場合だと3,000ドル両替しようとすると9,000円が必要になる計算です。

海外旅行で両替しようとおもったらいきなり9,000円取られるとなると、ガッカリしますよね?

一方、FXの場合は、両替の差額を稼いでいく金融商品で、手数料が非常に小さくなっています。
(両替のときにかかる手数料は無料でスプレッドというものが実質的な手数料になります。)

例えば、 大手のFX業者の場合、基本的には3銭になります。
例えば、3,000ドル両替する場合だと、90円ということですね。

銀行で両替したときより、8,940円も安くなりました。

ただし、ここで問題になるのが、

FXの取引は厳密には銀行の両替とは違う

ということです。
FXの場合、銀行とは違っていくつか手続きが必要になります。

大まかな流れとしては、

①外貨を受け取る

②外貨を銀行に出金する

③外貨を銀行で受け取る

④外貨を銀行で引き出す

となります。

この①~④をいかにスマートに切り抜けるかによってFXをつかった外貨両替がお得になるかどうかが変わってくるのです。

FXを使った外貨両替で節約を成功させるには

4-1

はい、ではここでは、

①外貨を受け取る

②外貨を銀行に出金する

にの流れついて詳しくみてまります!

この二つのやり方に関しては実は、FX業者によって事情が異なります!

外貨で現金を受け取るために特別な手続きが必要になるケースもあります。

①の外貨を受け取る

「両替専用の取引項目であるコンバージョン」や「現受・現渡(FX取引を外貨で受け取ることで決済する方法)」という手続きのどちらかを選択することになります。

この時に手数料がかかるケースがありますが、基本的に無料(通常のレート通り数銭)です。

少額決済用に両替専用レートがある業者もありますが、この場合でも、数十銭程度なので やはり銀行などよりは格段にお得です。

②外貨を銀行に出金する

外貨の出金手数料ですが、無料~1,500円程度と思っておいてください。

目安としては、5万円~10万円以上を両替する場合から、この手数料を含めてもFXの両替の方がお得になってきます。

意外な落とし穴!【受け取り手数料・引き出し手数料】

gazou043

では次に、

③外貨を銀行で受け取る

④外貨を銀行で引き出す

の流れを説明していきますね!

さー、この③と④が、「ある問題」があるのです。

ここで発生する手数料を回避する手段を知らなければFXによる両替はお得度が半減します!!

みなさん、要チェックですよ!

③外貨を銀行で受け取る

日本円の取引でお金を振り込まれたら手数料がかかるなんて信じられないと思いますが、 外貨はなんと受け取った時にも手数料が発生することがあります。

これを、リフティングチャージと言います。

ちなみに、リフティングチャージは、2,500円~程度の場合が多いようです。

しかし、ある特定の銀行ではこの手数料が無料になります。

※詳しくは後程解説いたします。

④外貨を銀行で引き出す

この引き出しの際にも、銀行は容赦なく手数料を徴収してきます。

そして、無情にもこの手数料が非常に高い!!

しかし、ココも通常のATM手数料のように100円~200円程度にすることができます。

リフティングチャージが無料の銀行どこ?【外貨両替手数料】

smbcimge

リフティングチャージを無料にできる方法があるのは、先ほどご紹介いたしました。 (そしてこれが、ここで紹介する最大のポイントとなってきます。)

リフティングチャージを無料にする方法を端的に説明すると、SMBC信託銀行が提供しているサービス「SMBC信託銀行プレスティア」を利用するというもの。

個人取引という条件付きではあるものの、リフティングチャージに必要な手数料2,500円を無料にしてくれるというものになります。

繰り返しになりますが、頻繁に取引を行うFXでは、この無料サービスは本当に心強いものになります。

では、このサービスをどうしたら利用ができるのか?

非常に単純な話で、

SMBC信託銀行で口座を開くだけ

になります。

少々、誤解を招くような書きっぷりになってしまいましたが、実は「SMBC信託銀行プレスティア」という信託銀行で送金を行うというだけの話なのです。

つまり、プレスティアとはサービス名ではなく信託銀行の名称と理解をした方がしっくりくるかと思います。

まとめて一言で言うと「SMBC信託銀行プレスティアの口座を利用するだけでリフティングチャージを無料にすることができる」というわけですね。

他、多くのメリットも♪【SMBC信託銀行プレスティア】

smbckoushikiimg

SMBC信託銀行プレスティアを利用するメリットはこれだけではありません。

例えば、海外ATMを利用したときの手数料が2ドル、または216円で済んでしまうというもの。

頻繁に外貨を引き出すのであれば、これも非常にありがたいサービスの1つとなります。 他行などは、意外と324円など意外と高い手数料になる場合もあるため、なおさら良いサービスといえるのではないでしょうか。

さらに、口座維持費に関しても無料にする方法があります。

~以下「SMBC信託銀行プレスティアサービスのご案内」のP.6より引用。~

●前月(※1)の月間平均総取引残高の外貨部分が20万円相当額以上
●前月(※1)の月間平均総取引残高が50万円相当額以上
●前月(※1)末時点で住宅ローン(不動産担保ローンを含む)またはプレスティア パーソナルローン(無担保)のお借入れがあること
●前月(※1)のプレスティア アドバンスマネーまたはカードローンの月間平均借入残高が4円以上
●前月(※1)25日(25日が土・日・祝休日の場合は前営業日)時点でSMBC信託銀行の提携クレジットカード会員である場合
●プレスティア円普通預金口座eセービングを新規口座としてご開設いただいていた場合(※2)(円普通預金口座に追加して、プレスティアe
セービングをご開設された場合は該当しません。)
(※1)新規口座開設月および開設翌月が前月にあたる場合は、上記条件にかかわらず無料です。
(※2)プレスティア円普通預金口座eセービングの新規受付は2012年12月5日をもって終了しております。
◎その他条件についてはお問合せください。

~ここまで引用。~

無料にする方法に関しては、それなりにハードルは低いものもあるため、親切なサービスとも言うことができます。

他にもトラベラーズチェックが無料になったり、定額自動送金(自行宛振込)が無料になったりと、多くの無料サービスも存在します。

つまり、FXを始め金融商品を利用したり、海外送金などをしたりするのであれば、SMBC信託銀行プレスティアは一考する価値がある銀行と言えるのではないでしょうか。



2018年の外貨両替はクレジットカードがおすすめ

海外に持っていきたい年会費無料カード
年会費無料
国際ブランド
  • 海外の利用でポイント1.5倍
  • どの国の通貨でもお得なレートで外貨キャッシング
  • ATMで引き出すだけだから手続きが簡単なところも評価◎
  • キャッシング利用分はネットで簡単に繰り上げ返済できるから、その他のクレジットカードや店頭の外貨両替よりもお得に現地通貨に交換可能。
  • 海外で使うなら対応するお店が多いVisaかMasterを選んで発行すると安心です
sikiri

関連記事

  1. FXで外貨両替手数料無料に騙されないで!キャッシュバックの罠とは?
  2. トラベラーズチェックとは?手数料・両替・換金情報!【使い方って?】
  3. 外貨両替で円高は得なの?海外旅行お得情報【為替レートしくみとは?】
  4. 外貨両替fx会社選びの失敗談!【キャンペーン・手数料0円に注意!】
  5. セントラル短資fxの外貨両替は口コミ評判どう?【取引・出金方法は?】
  6. マネーパートナーズの外貨両替どう?空港受取OK!【評価・使い方は?】
  7. 外貨両替で人気のFX業者は?手数料・サポート比較【私が選んだのは?】

外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】 > FXで外貨両替するには? > SMBC信託銀行プレスティアはリフティングチャージ無料?手数料と評判【FX外貨両替に】