外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】
外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】 > 大黒屋【外貨両替体験談】 > 大黒屋新宿店で外貨両替してみました!【為替レート・手数料は?】

大黒屋新宿店で外貨両替してみました!【為替レート・手数料は?】

大黒屋で外貨両替してみました!
現在の為替レート・手数料でいくらになった?
私のガチンコ写真付き体験談はこちらです!
大黒屋

東京や横浜、大阪や名古屋といった大きな街には、駅前に多数のチケットショップが軒を連ねています。

わたしも新幹線のチケットを安く買ったり、買い逃したコンサートチケットを購入するために、チケットショップをよく利用します。

今回行った新宿の大黒屋では、デパートの商品券を豊富に扱っているので、三越や高島屋でショッピングする前は、必ずここによってお得な商品券を買っていました。

でも、まさかこの店舗で、外貨両替をやっていたとは。。。

大黒屋は、関東エリアではかなり有名なチケットショップで、新宿だけでも3店舗あり、いつもお客さんで混雑しています。

この日、わたしが向かったのは、大黒屋新宿南口店。

駅から徒歩5分ぐらいのところにある店舗です。

平日は朝の10時~19時30分まで、土日祝日は18時まで営業しており、外貨両替も同じ時間帯で対応しています。

まずは、新宿駅南口の改札を出ます。

【新宿駅南口】
南口 南口2

改札を出たら、目の前にすぐ甲州街道が通っています。

甲州街道に沿った歩道を右折して、1番目の交差点目指して歩きます。

歩道を右折 甲州街道

歩いているとすぐに、歩道橋が見えてきます。

大黒屋新宿南口店は、甲州街道の向こう側にあるので、この歩道橋を上っていくと近道になりますが、階段を登るのがしんどいので、このまま直進します(笑)

歩道橋

歩道の右側には、LUMINE1があります。

【LUMINE1】
LUMINE1

改札を出てから3分ぐらい歩くと、大きな交差点に出くわします。この交差点を左に曲がって、甲州街道を横断します。

交差点左折

横断歩道を渡った先には、オレンジ色の看板でおなじみの牛丼屋「吉野屋」が見えます。

【吉野屋】
吉野屋

横断歩道を渡って左に曲がると、吉野屋の隣に、メチャクチャ派手な看板が見えます。

ここが、大黒屋です。

【大黒屋到着!】
大黒屋到着

看板をよく見ると、「EXCHANGE」とあって、アメリカやイギリスの国旗も描かれています。外貨両替やっています、という目印ですね(笑)。

いつも混んでいるお店ですが、この日のこの時間帯(お昼過ぎ)は、お客さんが一人しかいません。

さっそく、お店の中(といっても、路面に面していますが・・・)に入って、ガラス製のカウンターを見てみると、今までは目に入らなかった「外貨両替表」が貼られています。

【外貨両替表】
外貨両替表

店舗によって扱っている通貨は異なっているようですが、新宿南口店では下記のようになっていました。

新宿南口店で取り扱っている通貨
USドル、ユーロ、中国元、オーストラリアドル、韓国ウォンなど、11種類の通貨
USドルコインとユーロコイン

扱っている通貨の種類は、
国分寺の住友銀行や三菱東京UFJ銀行より多いですね。

店員さんに、10,000円をUSドルに両替して欲しいと伝えると、換算レート表をみながら、電卓をはじき始めました。

【店員さん計算中】
店員さん計算中

今日のレートだと、119ドルの両替ができるとのこと。しかも

予想に反して金種が選べると言われた!!

・・ので、50ドル×1枚、20ドルと10ドル×各2枚、5ドル×1枚、そして、1ドル×4枚という内訳にしてもらいました。

【金種を決定】
金種

金種は選べないだろうな、と予想していたのは、大黒屋はいつも混んでいて、対応する店員さんの数が少ないので、こうした気の利いたサービスはないだろうと考えていたからなんです。

この大黒屋に行く前、わたしはみずほ銀行の新宿支店で外貨両替をしていました。

その時の換算レートは、84.71円でした。

【みずほ銀行の換算レート表】
みずほ銀行の換算レート表

↑みずほ銀行の換算レート表です。

さすが、チケットショップ。
わずかですが1ドルあたり0.8円も安い!

このレートで問題ないことを伝えると、店員さんが外貨を用意し始めました。

ふと、店内の右側を見ると、ここにも外貨両替の換算表が貼ってあります。

ここにも外貨両替の換算表

白い文字で、「手数料込みです」と書かれています。意外と、大黒屋で外貨両替する人は多いのかな?

左側の壁を見ると、ここにも「Money Exchange」の文字が!

【Money Exchangeの貼紙】
Money Exchangeの貼紙

チケットショップらしい貼紙です。

まぁ、銀行よりお得に外貨両替ができて、駅から近くにあるんですから、知っている人は大黒屋で両替しますよね。

2分ぐらいすると、ドルの準備ができました。

【ドルが出てきました】
ドルが出てきました

注文どおりの金種になっています。

【金種もOK!】
金種もOK!

一緒に渡された外貨両替計算書です。

【外貨両替計算書】
外貨両替計算書

119ドルと、おつりが14円になりました。

大黒屋でもお客さんが少なかったせいか、外貨両替には時間が掛かりませんでした。

USドルの注文をしてから支払いが終了するまで、わずか3分!

でも、チケットショップは夕方が混雑のピークになるので、その時間帯だったら10分 ぐらいはかかるんじゃないでしょうか?

■チケットショップ大黒屋での外貨両替の費用

-換算レート・・・83.91円(USドル1ドル) -購入額・・・119ドル -支払い金額・・・9,986円

■チケットショップ大黒屋での外貨両替のメリット、デメリット

メリット

わずかではありますが、銀行より手数料が安いです。

また、取り扱っている外貨の種類が豊富です。 (扱っている通貨は、店舗によって異なります)

一番のメリットと感じたのは、銀行のように外貨両替申込書を書く手間がなく、店員さんの対応が素早いということでした。

デメリット

銀行より安いとはいえ、手数料が2円以上あるとは・・。

今回は1万円の両替でしたが、海外に行く時は10万円分ぐらい持っていくので、その場合の手数料は3,000円弱になってしまいます。

また、両替手数料の高いポンドだったら、手数料が1万円を超えることに。。

チケットショップは、新宿や東京といったターミナル駅や、新橋、有楽町といったオフィス街に多く、国分寺のような郊外にはないので、銀行より安く両替しようと思って新宿まで出てくると、交通費のせいで損する、なんてことになるケースがあります。

通勤途中や会社のそばにある場合は、早く、銀行より安く両替ができるので、便利だと思います。



◆ 外貨両替手数料で損したくないなら!

yjfx1 yjfx2 yjfx3 yjfx4
buttonmane
sikiri

トラックバックURL

http://www.ryogae-real-review.com/e-daikoku/gaika-d.html/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)