外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】
両替手数料無料

[タイバーツ]日本年との両替レート【紙幣の種類とチップ他旅行情報】

タイへ海外旅行に行く時に役立つ、通貨の情報や現地で役立つマネー情報などをお伝えします。

外貨両替の時も、役立つと思いますよ!

◆◇ 通貨 ◇◆

タイの通貨は「バーツ」と「サタン」で、紙幣、硬貨ともに6種類あります。

・紙幣・・・10バーツ、20バーツ、50バーツ、100バーツ、
      500バーツ、1,000バーツ
・硬貨・・・25サタン、50サタン、
      1バーツ、2バーツ、5バーツ、10バーツ

1バーツ=100サタンです。

紙幣はそれぞれで色が違い、数字も記されているので迷うことはないと思いますが、サタンは両方とも金色っぽくって、分かりいかもしれません。

為替レートは2.68円前後です(2012年11月26日現在)。

比較的、人気の高い通貨のため、銀行やチケットショップでも在庫があるケースが多いようですが、両替に行く前に、事前確認したほうが無難でしょう。

◆◇ タイでの貨幣の扱い ◇◆

タイでは、偽札や偽トラベラーズチェックが出回って問題になっていることもあって、特に観光客が高額なバーツを使うと、拒否されることも多いようです。

また、タイでの楽しみといえば、屋台などでの食べ歩きやショッピングです。

こうしたところでは、ほとんどの店がクレジットカードに対応していないので、タイに海外旅行に行く時は、細かい紙幣を多めに用意していくとよいと思います。

あと、タイのお店は、

最初に倍の金額を
ふっかけてくることが多い

ので、半額ぐらいの金額に値切るのが常識です。

「ディスカウントをお願い」
「他の店のほうが安かった」

といった程度のカンタンな言葉はメモしておくといいですよ!

◆◇ タイの特徴 ◇◆

日本から6時間程度しか掛からず、物価が安いので、若い人にも人気の旅行先です。

物価は日本の3分の1ぐらいですし、マッサージやエステなども増えているので、特に、女性に大人気の国です。

1日1000バーツ(2,600円程度)もあれば、食事、観光など、十分に楽しめます。

タイの中心部バンコクでは、数年前に地下鉄が開通したので、どこに行くにも便利になりましたし、水上交通やオート三輪車「トゥクトゥク」など、交通手段はかなり発達しています。

◆◇ その他 ◇◆

タイでもホテルやレストランなどの各スタッフに、チップを渡す習慣があります。

ホテルで荷物を運んでくれたボーイさんやルームサービススタッフには、20バーツ程度、レストランなどでは支払額の10パーセント程度が目安です。

クレジットカードは、VISAとMasterカードの普及率が高いようですが、ホテルや免税店では問題ありませんが、中級レベル以下のレストランやスーパーなどでは、対応していないお店が多いようです。



◆ 外貨両替手数料で損したくないなら!

yjfx1
yjfx2 yjfx3 buttonmane

関連記事

  1. 外貨両替で一番おすすめなのは?【2018年最新情報まとめ】
  2. [シンガポールドル]紙幣コインの種類と外貨両替【日本円両替レートは?】
  3. [カナダドル]日本円との両替レートは?【紙幣・硬貨の種類他旅行情報】
  4. [香港ドル]日本円との両替レート&手数料【通貨と海外旅行耳より情報】
  5. [台湾元(NT$)]円との両替レートと手数料
  6. [韓国ウォン]円との両替レート手数料
  7. [中国元]円との両替レートと手数料【お得な外貨両替基礎知識】
  8. [イギリスポンド]お得な両替方法とは?【レート・手数料比較】
  9. [ユーロ]お得な換金・両替方法とは?【外貨両替手数料比較ナビ】
  10. [米ドル]紙幣とコインの種類基礎知識【外貨両替をお得にしよう!】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

HOME > 通貨のお話 > [タイバーツ]日本年との両替レート【紙幣の種類とチップ他旅行情報】