外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】
両替手数料無料

[中国元]円との両替レートと手数料【お得な外貨両替基礎知識】

日本の26倍もの広さの国土を持ち、56種の民族が混在し、13億人もの人口を有するマン モス国家「中国」。

訪れる度、どこかしら変化している、この中国の通貨情報や現地で役立つとマネー情報 などをお伝えします。

◆◇ 通貨  ◇◆

中国の通貨単位は「人民元」と「角」「分」で、紙幣は新旧合わせると23種類、硬貨は 10種類が流通しています。

通貨は第1版から第5版まであり、現在有効なのは、第5版と第4版、そして第2版の「分」 単位の紙幣なので、流通している紙幣、貨幣の種類が多くなっています。

両替所などでの表記は、「CNY」もしくは「RMB」となっています。
1元=100角、1角=100分

・紙幣・・・1角、2角、5角、1元、2元、5元、10元、50元、100元
(1分、2分、5分は市場での流通が停止しています)

・硬貨・・・1分、2分、5分、1角、2角、1元

中国では現在100元、50元、20元、10元、5元の紙幣と1元のコインで

偽札、偽硬貨が流通しているようで、

100元、50元紙幣を渡したときは、受け取り側は念入りに透かしなどを確認したり、手で擦ってインクが滲まないかを確認することも多いです。

また旅行者がおつりとして受け取ることもあるので注意が必要です。ちなみに、万が一受け取ってしまった場合、罪には問われませんが、偽金は没収されなんの補償もされませんのでご注意を。

◆◇ 中国での貨幣の扱い  ◇◆

中国への海外旅行では、クレジットカードは外国人の泊まるホテルや高級レストランでは 利用可能ですが、まだまだ現金取引が中心です。

また、利用する金額も細かいため、小銭を使いきらないように注意しましょう。

持ち込みは、現地通貨・中国元の場合2万元まで、外貨の場合5000米ドル相当額までと制限されています。

これらを超えるときは申告が必要で、携帯証(外貨持出許可書)が必要です。

持ち出しは、申告した額以内までで、こちらも超過分は要申告となります。

中国元の持ち出しは2万元までとなっています。

また、再両替には両替証明書が必要で、両替額の50%までとなっていますので、計画的な両替が必要になります。

◆◇ 中国の特徴  ◇◆

中国にはチップの習慣はないので基本的には不要です。

また、中級、高級ホテルでは宿泊費にサービス料が加算されるところが多くなっています。

値切るのは当たり前という文化があり、店での買い物はもちろん、ホテルもタクシーも値切るのは当たり前で、むしろ「正規価格」を支払う方がばかばかしいほどなんですよ!

いかに上手に値切れるかを楽しんでみるのもよいでしょう。

◆◇ その他  ◇◆

中国は、最近急速に近代化され、都市部は東京より少し安いかなというくらいまで物価が高くなっています。

(中国人価格と外国人価格の価格が存在しているとも言われていますが)

ただ、一般に地方に行けば行くほど物価は安くなります。広大な国だけにその地方格差は想像以上で、都市部と農村部は別の国と考えた方がいいくらいです。

したがって、中国の旅は、やり繰り次第でかかる費用の桁がふ変わってきたりするところが面白いところです。



◆ 外貨両替手数料で損したくないなら!

yjfx1
yjfx2 yjfx3 buttonmane

関連記事

  1. 外貨両替で一番おすすめなのは?【2018年最新情報まとめ】
  2. [シンガポールドル]紙幣コインの種類と外貨両替【日本円両替レートは?】
  3. [カナダドル]日本円との両替レートは?【紙幣・硬貨の種類他旅行情報】
  4. [タイバーツ]日本年との両替レート【紙幣の種類とチップ他旅行情報】
  5. [香港ドル]日本円との両替レート&手数料【通貨と海外旅行耳より情報】
  6. [台湾元(NT$)]円との両替レートと手数料
  7. [韓国ウォン]円との両替レート手数料
  8. [イギリスポンド]お得な両替方法とは?【レート・手数料比較】
  9. [ユーロ]お得な換金・両替方法とは?【外貨両替手数料比較ナビ】
  10. [米ドル]紙幣とコインの種類基礎知識【外貨両替をお得にしよう!】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

HOME > 通貨のお話 > [中国元]円との両替レートと手数料【お得な外貨両替基礎知識】