外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】

外貨両替で一番おすすめなのは?【2018年最新情報まとめ】

外貨両替といっても、実際には、国・通貨によって国内で両替したほうがよかったり現地で両替したほうがよかったりします。それに、手数料という言葉だけで片付けられない色々な問題があります。

例えば、どんなに安くてもリスクがあったり、時間がかかったりするのは、どんなに理論的によくても実用的ではないので困りますよね。

外貨両替をするときに気になるのはやはり「コスト(手数料)」ですが、現実的に「安心」「便利」といった視点も含めて、チェックしていきます。

お急ぎの方に先に結論を言っておくと、海外旅行や数か月以内の短期の出張であればクレジットカードのキャッシングがお得かつお手軽です。特に、セディナカードは手数料の安さという点で選ばれています。

海外に持っていきたい年会費無料カード
年会費無料
国際ブランド
  • 会員数20万人突破で今選ばれているカード
  • 年会費永年無料
  • 主婦や学生(18歳以上)の方も申し込みOK
  • 海外ショッピングポイント3倍
  • どの国の通貨でもお得なレートで外貨キャッシング
  • 海外ATMの手数料無料
  • Pay-easy対応だから海外キャッシング利用分の一括繰上げ返済が簡単
  • 海外で使うならVisa(MasterCardも可)がおすすめ

ドル両替で一番おすすめなのはクレジットカード

アメリカの場合カードの利便性は現金と変わらないかそれ以上ですから、クレジットカードというのはベターな選択肢だと言えます。カード払いだとポイントも貯まりますから還元率の分お得です。露店などで購入する場合など現金が必要な場合でもATMのキャッシングも使えて便利です。

コスト:★★★★☆ ※
安心 :★★★★★
便利 :★★★★★

※VISA・Masterの場合手数料1.63%で、1ドル100円のときに1万円使うと163円相当。キャッシングで現金を引き出す場合1.5%~3%程度の利息が必要で(18%の年利で1か月後~2か月後に支払いをすることを想定して12で割ると1.5~3.0%)これにATM手数料が加算される。繰り上げ返済ができれば0.5%程度に圧縮可能)。また、手数料自体は同じでも両替の基準レートはMASTERカードのほうが有利なことが多いようです。

注意点としては、カードは万が一の盗難や決済不能に備えて、海外で利用する場合は事前にその旨をサポートデスクに連絡しておくのがおすすめですし、2枚以上持っていくことがおすすめです。

ドル決済でおすすめの年会費無料カード

海外ATM手数料が原則無料でオンライン繰上げ返済が簡単なセディナカード、サブカードという点で国内でも使えてポイント還元率が1%以上とお得な楽天カード、無料カードの中では保障の充実度が抜群のエポスカードの順におすすめです。

その他の両替の方法について

カード社会のアメリカの場合は、現金の優位性がそれほどありません。カードを持っていないという場合に現金を用意したいなら、レートの関係上現地ではなく日本国内で両替していきましょう。特に両替ショップとして大黒屋あたりが無難だと思います。急ぎの場合は、せめて国内の空港の両替ショップを利用しましょう。

クレジットカードの付帯保険に関する注意

クレジットカードを持っていけば海外旅行保険が付いてくるからその分お得という紹介がされていることがあります。しかし、アメリカに関しては注意が必要です!

アメリカの場合は特に医療費が高いのでクレジットカードの旅行保険では賄いきれないリスクがあるので、旅行保険目的で対応するカードを複数持っていくのは、例えゴールドカードなどであっても有効ではありません。心配な方は別途無制限の旅行保険に加入するのをおすすめします。

詳しく知りたい場合、こちらの記事(外部サイト)が参考になります。
米国で入院し9335万円の請求!海外旅行で後悔しない保険の入り方

ユーロ両替で一番おすすめなのはクレジットカード

基本的な考え方はドルと同じです。ユーロの場合もアメリカと同じくカードの利便性は現金と変わらないかそれ以上です。しかも、通常の両替手数料はドル円以上にかかりますから、できるだけクレジットカード払いにしたいところです。露店などで少額の現金が必要な場合は現地のATMのキャッシングが便利です。

コスト:★★★★★ ※
安心 :★★★★★
便利 :★★★★★

※VISA・Masterの場合手数料1.63%で、1ユーロ130円のときに1万円使うと163円相当。キャッシングで現金を引き出す場合1.5%~3%程度の利息が必要で(18%の年利で1か月後~2か月後に支払いをすることを想定して12で割ると1.5~3.0%)これにATM手数料が加算される。繰り上げ返済ができれば0.5%程度に圧縮可能)また、手数料自体は同じでも両替の基準レートはMASTERカードのほうが有利なことが多いようです。

注意点としては、カードは万が一の盗難や決済不能に備えて、海外で利用する場合は事前にその旨をサポートデスクに連絡しておくのがおすすめですし、2枚以上持っていくことがおすすめです。

ユーロ決済でおすすめの年会費無料カード

海外ATM手数料が原則無料でオンライン繰上げ返済が簡単なセディナカード、無料カードの中では保障の充実度が抜群のエポスカード、サブカードという点で国内でも使えてポイント還元率が1%以上とお得な楽天カードの順におすすめです。

その他の両替の方法について

カード社会のユーロ圏都市部の場合は、現金の優位性がそれほどありません。カードを持っていないという場合に現金を用意したいなら、レートの関係上現地ではなく日本国内で両替していきましょう。特に両替ショップとして大黒屋あたりが無難だと思います。急ぎの場合で店頭に行く時間がない場合は、せめて国内の空港の両替ショップを利用しましょう。



【2018年最新】海外両替がお手軽で安い「海外ATM手数料無料」+「海外キャッシング分一括繰り上げ返済可能」なカード

海外に持っていきたい年会費無料カード
年会費無料
国際ブランド
  • 会員数20万人突破で今選ばれているカード
  • 年会費永年無料
  • 主婦や学生(18歳以上)の方も申し込みOK
  • 海外ショッピングポイント3倍
  • どの国の通貨でもお得なレートで外貨キャッシング
  • 海外ATMの手数料無料
  • Pay-easy対応だから海外キャッシング利用分の一括繰上げ返済が簡単
  • 海外で使うならVisa(MasterCardも可)がおすすめ
sikiri

関連記事

  1. [シンガポールドル]紙幣コインの種類と外貨両替【日本円両替レートは?】
  2. [カナダドル]日本円との両替レートは?【紙幣・硬貨の種類他旅行情報】
  3. [タイバーツ]日本年との両替レート【紙幣の種類とチップ他旅行情報】
  4. [香港ドル]日本円との両替レート&手数料【通貨と海外旅行耳より情報】
  5. [台湾元(NT$)]円との両替レートと手数料【海外旅行と通貨耳より情報】
  6. [韓国ウォン]円との両替レート手数料【海外旅行と外貨両替耳より情報】
  7. [中国元]円との両替レートと手数料【お得な外貨両替基礎知識】
  8. [イギリスポンド]お得な両替方法とは?【レート・手数料比較】
  9. [ユーロ]お得な換金・両替方法とは?【外貨両替手数料比較ナビ】
  10. [米ドル]紙幣とコインの種類基礎知識【外貨両替をお得にしよう!】

外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】 > 通貨のお話 > 外貨両替で一番おすすめなのは?【2018年最新情報まとめ】