外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】
外貨両替レート手数料比較!空港・銀行・郵便局【一番安いのは?】 > 三菱東京UFJ銀行【両替体験談】 > 三菱東京UFJ銀行で外貨両替してみた!専用ATM体験【手数料は?】

三菱東京UFJ銀行で外貨両替してみた!専用ATM体験【手数料は?】

三菱東京UFJの店舗で外貨両替してみたよ!
手数料や手間はどうだった?
実際に体験した写真と口コミを公開中!
三菱東京UFJ突入♪

三菱東京UFJ銀行は、他の銀行と比べると、新宿や池袋といったターミナル駅にある大きな店舗じゃなくても、外貨両替に対応している店舗が多いのが特徴です。

でも、通勤の乗換で使っている大きな駅「吉祥寺」にある支店は外貨両替ができなくって、街も店舗の大きさも吉祥寺より小さい「国分寺」の店舗ではできるなど、店舗に対応がまちまちです。

なので、三菱東京UFJ銀行で外貨両替する時も、事前に外貨両替に対応しているか、外貨の在庫はあるか、ということを必ずチェックしてから行かなくてはなりません!

今回は、自宅から一番アクセスが便利な、この国分寺支店に行って外貨両替を体験してきました!

三菱東京UFJ銀行の国分寺支店は、JR中央線の国分寺駅から徒歩5分ぐらいの場所にあります。

国分寺駅の改札は1つしかないので、まず、この改札を出ます。

JR中央線国分寺駅
JR中央線国分寺駅2

改札を出たら左折して、北口に向かいます。

北口

北口を出ると、このようにタクシー乗り場が広がっていて、歩道はスロープになっています。

北口でたところ

このスロープを右の方向に歩いていきます。

スロープ

スロープの終点はタクシー乗り場の歩道につながっていて、北口と同じ方向に目を向けると右手にマクドナルド、左手に柳寿司の看板が見えてきます。

この通りを...

三菱東京UFJ銀行国分寺支店は、この通りをまっすぐ行ったところにあります。

まずは、マクドナルドの前を通過。

マクドナルド前通過

マクドナルドの隣には吉野家、その向かい側には、回転寿司の平禄寿司があります。

吉野家
平禄寿司

ここからさらに直進し、2分ぐらい歩いていくとドラッグストア「サンドラッグ」のどデカい看板が!

サンドラッグのデカい看板

サンドラッグの向かい側には、100円ショップのダイソーがあります。

ダイソー

ここまで歩いてくると、すぐ先に三菱東京UFJ銀行の看板が見えてきます。

三菱東京UFJ銀行の看板

少し前までは、国分寺駅には三菱東京UFJ銀行の店舗が2つあったのですが、今はこの1店舗に統合されています。

三菱東京UFJ銀行いざ突入♪

店舗に入ると、すぐに普通預金のATMがあります。

電話で事前に問い合わせた時は、

国分寺支店には外貨両替のATMがある

と聞いていたのです!

が、入り口付近には見当たりません・・・。

そこで、店員さんに聞いてみると、窓口の奥にあるとのこと。

ありました!

外貨両替のATM

店内にはそこそこのお客さんがいましたが、さすがに田舎?の国分寺では外貨両替をする人が少ないようで、ATMの前には誰も並んでいません。

外貨両替のATM2

新宿や池袋などの大きな支店だったら、特にお昼時のこの時間、一番混雑していますが、入店したらすぐに外貨両替ができるこの便利さ!

銀行内

都市銀行やゆうちょ銀行は、どこもそうですが、銀行でも待ち時間を考えるなら、国分寺のように都心から離れた店舗のほうが、圧倒的に空いています。

なので、わたしのように仕事での移動の合間を縫って、こうした店舗で両替するのは時短につながります。

いざ!三菱東京UFJ銀行で外貨両替!【専用ATMでチャレンジ!】

さて、さっそく、外貨両替してみます!

三菱東京UFJ銀行の外貨両替ATMは、USドルのみ販売しており、しかも金額は3種類のパックのみです。

三種類のパックの説明

①パック・・・USドル100
(1ドル紙幣が5枚、5ドル紙幣が1枚、10ドル紙幣が5枚、20ドル紙幣が2枚)

②パック・・・USドル300
(1ドル紙幣が10枚、10ドル紙幣が4枚、20ドル紙幣が5枚、50ドル紙幣が3枚)

③パック・・・USドル500
(1ドル紙幣が10枚、10ドル紙幣が10枚、20ドル紙幣が7枚、50ドル紙幣が5枚)

この3種類がATMで購入できます。

USドル以外の外貨両替は窓口で対応していますが、外貨の在庫はあまりないらしいので、通貨によっては取り寄せになるらしいです・・・。

わたしは今回も、100ドルのパックを選んでみました。

ATMの画面をタッチすると、現在の換算レートが表示されます。

ATM画面1

今日のレートは1ドル85.25円。

もちろん、この金額には銀行の手数料ものっています。

続いて、外貨パックの選択。100ドルパックを選んだので、金額は8,525円です。

ATM画面2
ATM画面3

購入の確認画面が出ます。

ATM画面4

続いて、自分の名前と電話番号の入力です。

ATM画面5
ATM画面6

入力が終了すると、現金を投入です。

ATM画面7

1万円を入れて、USドル100ドルの購入金額が8,520円、おつりが1,480円です。

ATM画面8
ATM画面9

おつりの出口右横のふたが空き、ドルが包まれたパックが出てきました。

両替完了

パックの表面には、「ただちに開封のうえ、金額を必ずお確かめください」と書かれています。

パック

このパックは、比較的厚手の紙でできていて、右端にはミシン目が入っています。

このミシン目に沿って慎重に開封したつもりなのですが・・・。

紙幣やぶってしまった...

紙幣がかたよって入っていたのか、
紙幣まで切れてしまいました。。。(泣)

紙幣を確認

紙幣を確認してみると、ちゃんと1ドル紙幣が5枚、5ドル紙幣が1枚、10ドル紙幣が5枚、 そして20ドル紙幣が2枚入っていました。

この程度の紙幣の破れだったら、現地でも普通に使えると思いますが、念のため、窓口 に申し出て、新しい紙幣と交換してもらいました。

新しい紙幣と交換

これで、三菱東京UFJ銀行での両替は終了です。

お店に入ってから、両替が終わって出るまで、約10分で完了。
紙幣を破くというハプニングがなければ、5分もかからなかったと思います。

■三菱東京UFJ銀行での外貨両替の費用

-換算レート・・・85.25円(USドル1ドル)
-購入額・・・100ドル
-支払い金額・・・8,525円

明細

■三菱東京UFJ銀行での外貨両替のメリット、デメリット

メリット

外貨両替のATMは、全店舗に設置されているわけではありませんが、

窓口で手続きをしなくていいというのは、時間を優先する人にとっては大きなメリットですね!

ゆうちょ銀行ほどではないですが、都市銀行の中では店舗数が多く、外貨両替に対応し ている店舗が多いのも特徴です。

デリット

ATMがUSドルにしか対応していない、購入できる外貨が3パターン(100ドル、300ドル、 500ドル)しかないのは、少し不便です。

また、金種も最初から決まっているので、紙幣の種類を選びたいといった方には不向き だと思います。

個人的には、1ドル紙幣がもっと欲しいな、と・・・。

両替手数料は他の都市銀行より若干少なめですが、それでも2.5円ほど発生しています。

両替する金額が多くなればなるほど、損をしてしまいますね!!



◆ 外貨両替手数料で損したくないなら!

yjfx1 yjfx2 yjfx3 yjfx4
buttonmane
sikiri

トラックバックURL

http://www.ryogae-real-review.com/bk/mufg.html/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)